スポンサーリンク

100均で踏み台昇降が手に入いる?効果的なやり方と階段はダメ?

100均で踏み台昇降 日用雑貨

手軽にフィットネスを始めたいなら、100円ショップで踏み台昇降に使える台を探してみよう。毎日の小さな努力が健康維持には重要だからね。

高価な踏み台を購入しなくても、100円ショップで手に入る台で始められるなら、気軽に取り組めるよ。

この記事では、100円ショップで踏み台昇降に適した台が手に入るかどうか、その基本的な方法や健康効果、そして継続するためのヒントについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

100均で踏み台昇降が手に入いる?

100円ショップで、踏み台昇降のかわりになるプラスチックの台や箱が売っています。

でも、これらは本来の踏み台として作られたわけではないので、しっかりしているかや長持ちするかは、本格的な踏み台に比べてちょっと劣るかもしれませんね。

100円ショップの踏み台

特徴

  • ダイソーで販売中です。
  • 価格は500円です。
  • サイズは33.5cm × 20cm × 25cmです。
  • 耐荷重量は120kgです。

注意点

  • 使用時は、踏み台をしっかりと固定し、滑らないようにしましょう。
  • 非滑り性のマットの上など、しっかりと固定して使用してください。

100円ショップのジョイントマット

特徴

  • ダイソーで販売中です。
  • 以前は400円でしたが、現在は500円に値上がりしています。
  • 9枚セットです。

万が一の時も活用可能

  • ジョイントマットは、万が一使用しなくなっても、別の用途に利用することができます。

踏み台昇降毎日効果は?

踏み台昇降は、心臓と肺の機能が向上する有酸素運動の一種であり、その効果は多岐にわたります。

心肺機能の向上

  • 踏み台昇降は心臓と肺を活性化させる有酸素運動です。これにより、心臓が効率的に血液を送り出し、肺が酸素を効率よく取り込むことができます。結果として、全身の循環器系が強化され、体内の酸素供給が増えます。

下肢の筋力強化

  • 踏み台昇降は主に下半身の筋肉を鍛える効果があります。特に大腿四頭筋やハムストリングス、ふくらはぎなどの筋肉が刺激されます。これにより、足の筋力が向上し、日常生活やスポーツでのパフォーマンスが向上します。

カロリー消費の促進

  • 有酸素運動としての踏み台昇降は、脂肪をエネルギー源として利用するため、ダイエットや体重管理に効果的です。また、踏み台昇降中は体全体の筋肉を動かすため、エネルギー消費量が増加し、カロリー消費が促進されます。

健康へのその他の効果

  • 踏み台昇降を定期的に行うことで、体力や筋力の向上だけでなく、ストレスの軽減や睡眠の質の向上にも繋がります。さらに、血液の循環が良くなることで、冷え性やむくみの軽減にも効果的です。

踏み台昇降のやり方

ステップ運動を始める際には、基本的なスキルを習得することが大切です。効率的に運動するためのコツを理解しましょう。

初心者向け踏み台昇降のコツ

初めての方は、まずは1分間を3セット行うことから始めてみましょう。徐々に回数やセット数を増やしていくことで、持久力と筋力が向上します。踏み台昇降の際には、腕を後ろに引くように動かすことで、肩甲骨周りの筋肉が活性化し、脂肪燃焼効果が期待できます。

上級者向け踏み台昇降のテクニック

上級者の方は、ダンベルを持って行ったり、ウエストをひねったり、歩幅を広げたり、昇降のスピードを速めたりして負荷を増やしましょう。これにより心拍数が上がり、より多くのカロリーを消費することができます。

エクササイズ後のクールダウン

エクササイズ後にはクールダウンを行い、筋肉の疲労回復や怪我の予防を図りましょう。踏み台昇降後は、軽めのストレッチや深呼吸を行い、心拍数を徐々に下げて筋肉の緊張を和らげましょう。これにより、体がリラックスし、自然な状態に戻ります。

踏み台昇降 階段はダメ

踏み台昇降を始めるにあたり、階段を使うのはおすすめできません。その理由を詳しく見ていきましょう。

踏み台昇降で階段が適さない理由

1. 場所の問題

  • 季節の影響: 階段は季節によっては暑くなったり寒くなったりします。冬には暖房器具がないため寒く、夏には暑くなることがあります。
  • 通行量の多さ: 階段は人が通り抜ける場所です。家族や他の住民が通る可能性があり、エクササイズ中に迷惑がかかることがあります。
  • 音の問題: 階段での運動は、上下の音が響き渡ります。特に夜間や朝早くに騒音が問題視されることもあります。

2. トレーニングとしての適さない点

  • 高さの問題: 階段の段差は一般的に高く、踏み台昇降には適していません。特に長時間行うと段差の高さが負担となります。
  • 狭さと硬さ: 階段の踏面は狭く、床は硬いため、足への負担が大きくなります。また、踏み台昇降の安定性も損なわれます。

3. 続かない可能性

  • ストレスフリーな環境の欠如: 踏み台昇降を長時間続けるには、ストレスを感じない環境が重要です。階段ではテレビを見ることができず、景色も楽しめません。また、高さの調節も難しいため、トレーニングの継続が難しくなります。

踏み台昇降を安全かつ効果的に行うためには、専用の踏み台や安定した場所を利用することが重要です。階段ではなく、安全かつ快適な環境でトレーニングを行いましょう。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました