スポンサードリンク

MOS資格の取得を目指そう!

MOSの累計受験者数は、420万人を超えています!

MOS資格、全体の累計受験者数は2019年1月16日現在で4,200,107人

 

一般レベルのスペシャリスト取得者の年代別割合です

 

年代別 割合 備考
20歳以下 38.6% 半数以上
21〜30 21.9%
31〜40 13.7%
41〜50 11.3%
51歳以上 6.5%

※2018年受験者データーから集計

MOSの基礎知識記事一覧

mos資格試験のmosはマイクロソフトオフィススペシャリストの頭文字をとったものです。Microsoft Office Specialistの略です。旧MOUS試験と同じ試験です、2003年に名称変更しています。マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィス製品のオフィスソフトのエクセルやワードなどの利用スキルを証明する国際資格になります。事務職の場合は必須となりますが、営業職の人もこのようなソ...

5種類に分類されます。Wordワード(文書作成ソフト)Excelエクセル(表計算ソフト)PowerPointパワーポイント(プレゼンテーションソフト)Accessアクセス(データベース管理ソフト)Outlookアウトルック(電子メール、情報管理ソフト)マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、バージョン毎に試験が行われますので、例えば、ワード2013に合格していても上位バージョンのワード2...

WordとExcelには、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2レベルが用意されています。例えば、スペシャリスト(一般)に合格してからエキスパート(上級)を受験するという条件は一切ありません。自信のある方は最初からエキスパート(上級)を受験もOKです。スペシャリスト(一般)レベルであれば普段仕事等で日常的に使いこなしていれば、さほど難しくなないと思います。試験科目スペシャリストレベル(一...

周りからMOSの取得なんて意味ないでしょと言われたので、やっぱり取得やめましたという人も、やや耳にしました。本当にMOSの取得は意味がないのでしょうか?今やどの会社でもパソコンを使わない仕事は無いと思いますネ。その中で多く使われているのがofficeソフトです。Word、Excel、PowerPointなど、いまやビジネスソフトの定番になっているマイクロソフトOffice製品で、その利用スキルを証...

スポンサードリンク
スポンサードリンク