mos資格は転職や就職に有利な資格です短期間で取得するための受験ガイダンスです。

MOSとは

MOSとは

mos資格試験のmosはマイクロソフトオフィススペシャリストの頭文字をとったものです。

  • Microsoft Office Specialistの略です。
  • 旧MOUS試験と同じ試験です、2003年に名称変更しています。

マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィス製品のオフィスソフトのエクセルやワードなどの利用スキルを証明する国際資格になります。

  • 事務職の場合は必須となりますが、営業職の人もこのようなソフトを使えることが採用の大前提にもなります。
  • 会社に就職する際は勿論ですが、大学のレポートでもこのようなソフトを使って作りなさいという指定もあります。
  • 多くの人が一般的に利用しているソフトです。
     

Microsoft Officeはいくつかバージョンが発売中です

  • それぞれのバージョンごとに取得できます。
  • 受験科目は6科目ありますが、その中でもExcel、Wordの2つが最も人気のある科目です。

求人募集などで「パソコンが使える人」という抽象的な募集の仕方もあります

「WordまたはExcelが使える人」と指定している会社もあります。

  • Wordは一般的な文書処理ソフトで、
  • Excelは計算処理ソフトです。
  • パソコンスキルがあると客観的に証明できます! 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional