スポンサードリンク

MOSの試験概要記事一覧

MOSの試験は、全て実技試験のみです筆記や論文などは、一切ありません。試験会場のパソコンを使って、問題の指示にしたがい、一つ一つ操作して解答します。合否結果は、試験終了直後に判定されて、その結果は速やかに試験終了直後に合否結果が、パソコン上に表示される仕組みとなっています。試験結果レポートを試験会場でプリントアウトしてくれます。画像はWEB管理人の私が受験したときの物です。セクション分析もありセク...

試験科目項目名2項目名3Word(文書作成ソフト)Word 2016 スペシャリスト(一般)Word 2016 エキスパート(上級)Word 2013 スペシャリスト(一般)Word 2013 エキスパート(上級)Part 1、Part 2Word 2010 スペシャリスト(一般)Word 2010 エキスパート(上級)Excel(表計算ソフト)Excel 2016 スペシャリスト(一般)Exce...

MOSの制限時間は、いずれも50分間です。出題数は、科目、バージョンによって、若干の違いがあります。概ね15問〜45問程度です。パソコン画面を見ながら一問つづ解答していきます。わかった場合は「次へ」のボタンをクリックします。もし分からなかった場合は「スキップ」のボタンを押してください。その場合に限り、全ての解答が終わった段階でスキップした問題が再表示されます。(注)分からなくて「次へ」をクリックし...

試験科目受験料Word 2016 スペシャリスト (一般)一般価格 10,584円(9,800円+消費税8%)学割価格 8,424円(7,800円+消費税8%)Word 2016 エキスパート(上級)一般価格 12,744円(11,800円+消費税8%)学割価格 10,584円(9,800円+消費税8%)Word 2013 スペシャリスト(一般)一般価格 10,584円(9,800円+消費税8%)...

合格率 mos資格試験の合格結果として受験者データは公開されています。各アプリケーションソフトごとの合格率や合格点などは公表されていません。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、合格させる為の試験とも言われていますので、合格率は非常に高い試験だと思います。予測ですが・・・一般試験の場合で80%,以上、上級試験の場合でも60%以上でしょうか?MOSの認定スクール等が発表しているデーターで...

スポンサードリンク
スポンサードリンク